ビールは週1回

ソロでいろいろやりたいBreidablikサーバーに生きる珍ブログ

Just Like A Rollin' Thunder From The Blue Sky

2017.05.09 (Tue)
「なぁに大丈夫、嫌なことがあってもいつもより少しだけ、お酒の量が多くなるってだけのことだからさ」

彼女は大変申し訳なさそうにしていたけれど、私は何でもないよという風にそう言った。
半分くらいは事実。
もう半分は、依頼していたという立場もあり、感情をそのままぶつけられなかったというだけ。
優しさである。
「優しさは感情よりも理性から生まれる」らしい。
私もそう思う。

私は、99%のヤサシサと、1%のシタゴコロでできています。



----------------------------------------------------



もう終わってしまった番組なんですが、『モシモノふたり』というのがありましてね。
3月まで放送していたかな?
ずっと前から見ていたわけじゃないんですが、ちょうど放送していたら観るくらいの感じで観てたんです。
オリエンタルラジオの藤森さんと横澤夏子の回(何故か「横澤夏子さん」とするのは違和感がある)でね、横澤夏子が一人でいたくないから仕事が終わってもスタッフとか友人とかと食事したりして、帰宅するのは夜遅くてほとんど寝るだけみたいなことを言っていたんですね。



番組観ているときはよく分からんと思ってました。
私はなかなかに人見知りで口下手ですし、いつでも気軽に誘えるような関係の人は多くない(いない、と言っていいレベル)。
そもそもインドア派なので一人で完結できる趣味ばっかり。
どちらかと言うと、早く帰宅したいほうです。



そんな私でも、ときどき横澤夏子モードになることがありまして。
早々に帰宅して一人でいたらダメなんじゃないかって。
これが寂しさというやつなのかしらん。
そういうときは平日だけれど飲みに行ったり(結局一人だけど!)、無駄に遠回りして歩いて帰ったり。
要は、自宅というところに引きこもっているのではなくて、世間に、社会に、世界に関わっていたくなる。
自宅以外=世間、社会、世界なのである。
そういうときっていうのは、頭の中でいろんなことがぐるぐるしていてとりとめもないとき。
考えても仕方のないことばかり考えてしまって、自分自身で凹んだりしているとき。
考えても仕方のないことばかり考えるのは、考えるだけ無駄なのである。



だけれども考えること自体というのはあながち無駄でもなくて、こういうときはたくさん言葉があふれてくる。
そして後から振り返ると、こういうときに出てきた自分の言葉に感心したりもする(もちろんその多くが黒歴史行きではある)。
私はある時期から、このブログの記事の冒頭にヒトコト、フタコトを書くようにしてきた。
私は昔からこういうことをケータイやノートにメモしたりしていて、一行詩なのかもしれないし、自由律俳句なのかもしれないし、自由律短歌なのかもしれないし、いずれでもないのかもしれない。
最近はTwitterといふものがあって、私はやっていないけれど、みな気軽に発信しているものなのかもしれない。
でも私はこういうことが好きなので、これからも相変わらずのやり方でやっていくのだろうと思う。



何が言いたいのかというと、ブログ記事の冒頭には採用しそうにない黒歴史をこの際だから一挙放出しておこうというような。
普段はヒトコト、フタコトから連想する曲名とかをタイトルにして記事にするんですがね。
そこまで昇華/消化されそうにないモノたちも供養してやろうかと。
ちょっと文フリに行ってきた影響もあって、創作的な意識が高まってきちゃったよね。
後で後悔する記事の典型的なやつね。
覚悟はいいか!?(to me)





・それを言うなら、焼肉のタレでしょ!



・月は、月自身を象徴することはできない。



・エンドロールは、現実世界への帰り道である。



・誰かが鍵盤の上でスキップしている。



・キミドリ色にはじけて。
 そう言うと聞こえはいいけれども。



・言葉が溢れて溺れそう。



・心に刻み込むのに許可もお金も要らないよ。



・吐いた息は白く、「大スキ」ってゆらゆら。



・月みたいに、優しく照らしたり、隠れて見守ったり。



・こたつに入ってウトウトしている。
 足がポカポカあたたかくて、テレビの声が近くなったり遠くなったり。
 今にも眠ってしまいそうで、ボクは息を止めてみる。
 がんばって身動きしないようにする。
 ママが心配して声をかけてくれるかな、なんて考えながら。
 だけどいつだって我慢できない。
 ボクのがんばりはむだに終わるのだけれど、分かっていてもやめられなくて。



・もう通うことのない心、努めて。



・わたしと背滑空が似ている。



・寂しくなんかない。
 向かい合わせのドアをノックしてみるから。



・あなたのことが好きなのに、少し離れただけで、顔も声も温もりも思い出せない。
 薄れていく残像をかき集めても、もうどうにもならなくて。



・こちらの商品は逆引き辞典込みのお値段となっております。



・大きくなったら、眠り姫にキスをする仕事に就きたい。



・頑固お父さんの華麗なちゃぶ台返しと、少年時代にしていたスカートめくりの因果関係について



・おでこに貼ったシールに急行って書いた。



・僕には僕の味があると信じている。
 それがどんな味なのかは僕にも分からないけれど。
 いつかきっと……。
 陽当たりのいい部屋みたいに、夢見てる。



・何かを懐かしく感じるということは、あなたがそれを失ってしまったということである。



・今まで悩んだことのないようなことで頭を抱えている。
 そういった悩み事が世の中に存在するってことは認識していた。
 それもずいぶん幼い頃から。
 そしてそれは、自分が直面しそうにないものだと思っていた。
 つまりは他人事と処理していた。
 先送りにしていた夏休みの宿題ほど興醒めなものはない。
 分かっているのは、ずいぶん長い夏休みだったということだけ。



・手作りのカレーに溶け込んでいる僕の気持ち。
 グツグツ煮え立つのは、心と鍋の特権なんだろう。



・エアギターを添えてアンセムを口づさむ。
 ちっぽけな勇気だけれど、立ち向かうんだ。



・タイヤの跡が、ついてるぜ。



・「押してあける」が「押してあげる」に見えた僕は、そろそろ末期。



・好きなものを好きと言える気持ちを大切にする。
 ならば嫌いなものを嫌いと言える気持ちも同様に大切にすべきなんだろう。
 もちろん嫌いなものを克服しようとする試みは素晴らしいことだ。
 だけど自分を偽ってまで無理することはない。
 「ほら、勇気を出して」



・足りないものは、捨ててしまえ!



・利口な子猫は差し出されたお皿のミルクに尻尾だけを浸してニャアと鳴いた。



・「あ、ちょ、タンマ! 今のはため息じゃないよ! ねぇってば」



・口にしたイチゴは、酸味のきいた初恋の刺激



・「そんなことも分からないの? その柵を越えたら、あなたは空を翔ぶのよ」



・「わたしは砂浜で体育座りがしたいのー!」



・楽観主義者は牛を食べない。



・見た目よりも見る目



・思考とは歩行である。



・キャバクラの大仏



・雨上がりには、家族連れが良く似合う。



・あやういいいやらしさ



・青春衣替え



・ザマアミロと明日につぶやく。
 明日に聞こえないように。
 強がりだってバレないように。



・一生分くらい傷ついたけれど、まだ傷ついてもいいかなって思ってる。



・一人で食べに行くと、嫌いなものも食べなくちゃいけないんだって気が付いた。



・薄っぺらい言葉かどうかは、発言者の深みだけで決まるものではない。
 聞き手の深さにも依存するのだ。



・他人は自分を写す鏡だという。
 自分も他人にとっては鏡になるということだろう。
 ちゃんと写るように磨いておかなくてはならない。



・絶望は未来にしかない。



・彼は肉食べさえておけば大丈夫なタイプ



・青春ってのは、春だったり、夏だったり、秋だったり、冬だったりするものだ。



・冷静になれ、冷静であれ、少し冷ましてからくらいがちょうどいい



・すごく痛くて 見ていられなくて 「何も言わなくていいよ」って ただ抱きしめたくなる



・一人で寂しくて
 自分を省みるばかりでやるせなくて
 眠れなくて焦りすら感じてる夜を助けて欲しい



・泣きながら、笑いながら走ればいい



・素敵な詩的



・春と夏に集めておいた暖かさ
 これだけあれば、次の春までもつだろう



・傘を剣にしてでも戦え



・涙を流すのなら、夜のバスの中がいい。
 乗客も少なくて、窓に映る自分の顔が見られるから。



・膨張して破裂するくらいなら、収縮して消え去りたい。



・口馴染みのフレーズに起因する、濁った色の耳鳴り。
 早送りしたら何か意味を成しそうだとずっと思っている。
 そしてそれは、ありきたりであればあるほどいい。
 おそらくことわざや慣用句がベストだろう。
 大きく頷いて、納得できるだろうから。



・ほろ酔い気分で思い出す、ほろ苦い思い出。
 口元に浮かぶのは苦笑、当時舐めたのは苦汁。
 それは今となっては甘いラブストーリー。
 そして目の前にあるのは不思議な柄のタペストリー。



・僕の口から発せられる思わせぶりで意味のない戯言は、単なる思わせぶりで意味のない戯言。
 君たちは深読みせずに、ただ笑っているだけでいいんだ。
 僕はよく人から誤解される。
 僕だって、僕自身を誤解している。
 僕はまるでスクリーンみたいだ。
 僕の抱く、誤解に満ちた自分自身の像を写す。
 一体プロジェクターはどこだ?



・長く住んだ街で、初めての道を歩く。
 それだけのことで嬉しくなって、切なくなって涙を流す。
 それはきっと原初の感情。



・期待外れもない世界なんて、つまらないつまらない。



・ラップするなら、「計画的犯行」ってフレーズを使いたい。



・滅びるような世界に興味はないぜ



・ラーメンの匂いがする駅のホーム



・愛が欲しいから、僕は愛を差し出すんだよ



・秋の夜長にセンチメンタルになってみただけさ



・がんじがらめの夜



・分からないから想像するのだけれど。
 見たことも聞いたこともないことは想像できない。



・本当にソクラテスがそう言ったの?



・サイダーはなぜノスタルジックなのか?



・住宅街 お風呂の匂い



・いやぁ、手持ちが無沙汰でさ



・謝る/誤ることのない人生は、何か間違っていると思う



・親指で押したりしないでくださいてか触らないでください



・歩く速度が一定しない人が嫌い



・たくさんあるはずなのにどうして揉めないのか



・俺はひとすじなわでいくぜ!



・窮屈さが愛しい



・この緑がいい



・ラム肉の匂いがする。



・7:3の割合にしときゃだいたいなんとかなる。



・鳩がじっとしてあれは寝ているのか



・尽くしてみたら尽きた














ふぅ・・・・・・。
既出のものがあるような気がしないでもない。



それでは、また。

コメント


管理者のみに表示