ビールは週1回

ソロでいろいろやりたいBreidablikサーバーに生きる珍ブログ

指定期間 の記事一覧

Behind Blue Eyes

2017.08.07 (Mon)
背中を押されたいような気もする。
でも、ずっと押されてるとしんどい。
「ちょっと頑張れよ」くらいに、一歩二歩くらいだけ、「おっと」って勢いがつくくらいの加減がいい。



----------------------------------------------------



『ダントラ』が全然終わらない!
メインストーリーEND後の追加要素が、メインストーリー並みのボリューム。






突然ですが。

私ね、トマトが嫌いだったんですよ。
でもね、最近食べられるようになっていることに気が付いたんです。
ショックでしたね。
私=トマト嫌いなところありましたからね。

とはいえ、全トマトがダメだったわけじゃないんです。
トマトソースのパスタ(ペスカトーレ最高!)とか、ピザに載ってる系のトマトとか、ボルシチとかは全然OK。
むしろ、トマトソース系のカルツォーネ大好き。
会社近くにヴィ・ド・フランスがあって時々利用していたんですが、最近カルツォーネ見かけないですね。
あれ好きだったのに!

サラダとか、生のトマトがダメでした。
しかし、私が人生で絶対に食べることのないだろうと思っていたカプレーゼを食べられたときの衝撃といったら!

私の数少ないキャラの1つを失った気分。
得たものは、リコピン。
プチトマトは相変わらずダメなんですが。

みなさんも、子供の頃から嫌いだったものでも、食べてみると結構いけたりするかもしれませんよ。
それで得るものがあるかは、あなた次第。




最近読んだ本
・中村文則『A』
最近は中村文則をまとめていくつか読んでいました。
『A』は短編集で、冗談みたいなものから意味不明に思えるものからいろいろありましたね。
妖怪の村みたいな話があって、まったく完全に個人的な見解で、この話を読んでいたら、機島さんを思い出しました。
機島さんが書きそうと思ったのだろうか。
これは場合によっては失礼な感想かもしれない。
そしてとうとう文庫化されたので、『教団X』を読み始めています。

・麻見和史『奈落の偶像 警視庁捜査一課十一係』
何となく手に取った『石の繭』からずっと読んでいるシリーズ。
こんなに続くものと思っていなくて、結構昔のを忘れているので読み直したくなってくる。
学生の頃からミステリーは読んでいたけれど、警察小説はあまり読んでなかった。
今はとても楽しめている。
私自身が、今は学生でなく仕事をしているというのもあるのかなと思う。
地道に調査して、入手した範囲の情報から推測してさらに調査して。
仕事でも同じような、作業というようなことをするようになったから、そのプロセスに感情移入できるのかなと。
主人公の如月塔子は、いい感じに天然で罪作りですね。



ちょっと前に北海道に旅行に行って来まして。
次回はそれを書こうと思います。



それでは、また。
 | HOME |