ビールは週1回

ソロでいろいろやりたいBreidablikサーバーに生きる珍ブログ

指定期間 の記事一覧

Dirty Sunshine

2016.08.31 (Wed)
「どうしてそんなに一生懸命に傷つこうとするのかしら」



----------------------------------------------------



悪夢クルーズで復活。
しかし、悪夢クルーズって名前はどうなの。



錐とインバーススケイルにエンチャントしたいなと思っていたので、排水路でリハビリ。
長く遊んでいるだけあってそこまでブランクは感じず。
装備を探すのに時間がかかったけれど・・・・・・。



20160831-001.jpg

3rd珍は3点盛り。



20160831-002.jpg

1st珍は6点盛り。



相変わらず公式を読まずに行ったけれど、ギガ盛り以外は経験値のみボーナスなのね・・・・・・。
シーラカンスは4匹全部倒せなくても報酬増えてるみたいなので、明日から1st珍はギガ盛りチャレンジしますかね。



倉庫にあった分で錐へのエンチャントを少しやってみました。
漢字のやつは全然つかないですねぇ。
何とか<攻撃速度>&<闘志>になるといいなと思うんですが。



それでは、また。

Just Like This

2016.08.28 (Sun)
「シンパがいないと続かないやつは、もうとっくにやめてるさ」



----------------------------------------------------



何とか風邪も治りまして。
予想よりも長引きましたが、今はもう喉に少し違和感がある程度。



快復記念にひっさしぶりにROにログイン。
とりあえず今の季節イベントをやってみることに。




20160828-03.jpg

公式読まずに行って見たんですが、毎週内容が変わるんですね。
第1シーズンは8/30で終わりと・・・・・・。



第2シーズンからリハビリ兼ねてやっていこうかと思います。
どうやらマランエンチャするのに良さそうだし。
前から気になっていた、インバーススケイルと錐へのエンチャント目当てに頑張ろう。
そして少しずつ日課系まったりに戻れれば。



正直、やりたいこととか目標みたいなものはなくなってしまった感はあるんですよね。
まだやってないボスを倒したいとかあんまり。
こつこつ日課系MDをこなしていく内に、またモチベーション高まってきたら考えることにします。





他の方のブログで取り上げられているので知ったんですが、なにやら新しいMMORPGが始まったとか?
ROブログをやられている方も何名かやってみてるとか。
何だか私は、MMORPGはROしかやる気が出ないんですよね。
私は初めてのMMORPGもROです。



B鯖が始まってRO復帰する前、いくつかMMORPGやってみたこともあるんですが続きませんでした。
ROは長く続けられているのに。
MMORPGって、例えばPSvitaとかのゲームよりも複雑ですよね?
理解しなくちゃいけないことが多いというか。
対人とかあるし、ラスボス倒したら終わりとかじゃなくて長く遊んでもらわないと困るから当然と言えば当然なんですが。
もう私は新しいMMORPGに手を出して、新しく仕組みを理解するってのはしんどいですね。
ROですら新しい装備が更新されてきても、追いついていくのがちょいとしんどいくらいだし。
私はROやめたら、MMORPGはやらないだろうなぁ。
他のゲームもやってたら、ROの良いところとか悪いところとか見えてくるのかもしれない。

そんな、夏。



それでは、また。

Iron Flag

2016.08.21 (Sun)
アイロンをかけることほど、何かを象徴しているような行為を僕は知らない。



----------------------------------------------------



風邪をひきまして。
盆明けくらいから喉が痛かったんですが、この週末で発熱。
現在38.5℃。
今日が症状のピークかな。
明日、目が覚めたらすっかり治っていて欲しい。





飲みに行くとだいたいこれは頼むなっていうメニューあると思うんですよ。
私の場合はだし巻き玉子と揚げ出し豆腐。
メニューにこれらがあるなら頼まないことはほとんどない。
だし巻き玉子は甘めのが出てきたらちょっとガッカリしちゃいますね、私は。
甘いのが好き/嫌いって好みがあるじゃないですか。
でも、味付けを選べるお店に出会ったことないんですよね。



それよりも揚げだし豆腐が食べたい。
暑いのに風邪で熱があるせいで寒気がして、今すごくあつあつの揚げ出し豆腐が食べたい。
最近だとコンビニにも置いてあったりしますよね。
あー、揚げだし豆腐が食べたい。



揚げだし豆腐ならやってくれそう。
そんな気がする。
そんな気がする、というのはとても大事なことだと思う。
そういう印象を抱かせるというのは大事なことだと思う。



私はまわりにどんな印象を抱かせているだろうか。
あなたはまわりにどんな印象をいだかせているだろうか。



私は揚げだし豆腐が好きです。







最近読んだ本。
・みうらじゅん『人生エロエロ』



それでは、また。

ピンクモンスター

2016.08.18 (Thu)
お気に入りって、かわいい



----------------------------------------------------



何となく離れてみたら、ROに戻るのが億劫になってきてしまった。
やりたくなったら戻ればいいかな、と思っている。
盆休みにINしようと思っていたけれど、予定になかった帰省などしたりしていたら時間を逃してしまった。







何となく、ときどき、一人カラオケに行かないといけないんじゃないかっていう気持ちになることがある。
だいたいお酒を飲んだ後で、このまま帰っていいはずがないっていう気持ちになることがある。
もちろん気のせいなんだろうけれども。



一人でカラオケってよく行けるねって言われることもある。
私からすれば、一人で吉野家とかすき家の方がちょっと勇気がいる。
一人でビールを飲みに行く、は全然平気だけれど、一人でご飯を食べに行く、はちょっと勇気がいる。



一人でカラオケのいいところは、もちろん周りを気にしなくていいところだろう。
「この曲知ってるかな?」とか「サビしかよく覚えてないな」って曲もバンバン入れていい。
なんだったら、入れたけど聞いてるだけってこともある。
でもキーが高くてうまく声が出なかったとき、首を傾げながら「高くて声出ないな」なんて言い訳をすることもある。
誰もいないっていうのに。



信号のない横断歩道で続々と来る車が通過するのを待っているとき。
止まって譲ってくれる車がいて、小走りで軽く会釈をしながら横断歩道を渡る。
そのときに、ドライバーさんには聞こえるはずないのに「すいませーん」と言ってしまう感じ。
私だけか。



人間、一人になってもなぜか他者のまなざしを意識しているところがある。
もちろん意識しているのは「私」であるので、その「他者のまなざし」も私自身のものであるのだけれど。
でも、私の「他者のまなざし」ってやつが、ともすると暴れん坊になる「私」を抑制しているところもあるんだろう。
『見てるぞ!』ってね。





最近読んだ本。
・中村文則『去年の冬、きみと別れ』
・道尾秀介『笑うハーレキン』



それでは、また。

Beauty Fool

2016.08.05 (Fri)
美意識過剰



----------------------------------------------------



昔の彼女とよく歩いた道を、歩いてみる。
一人で歩いてみてもいいし、他の誰かと歩いてみてもいい。
他の誰かは、男友達でもいいし、今の彼女でもいい。


何を思うだろうか。
あの頃見かけたお店は、もうなくなってしまったな、とか。
あの頃見かけたお店は、まだあるんだな、とか。


変わるものと、変わらないもの。
絶対に必要だと思っていたけれど、いつの間にか必要じゃなくなって、いつの間にか手放していたりする。
良いか悪いかなんて分からないけれど、それは変化の証。


時は経つものだ。
当たり前のことだけれど、時々、痛いほどそれを実感することがある。
あの頃には戻れない。
あの場所には戻れない。


今の時間も、今いる場所も、いずれ振り返ったときにそうなる。
「今」感じている今の価値と、後で感じることになる「今」の価値は違う。
良いか悪いかなんて分からないけれど、それは変化の証。


放っておいても、変わってしまうものだ。
頑張って変わろうとしなくても、変わってしまうものだ。
何からも影響を受けないなんてことはできない。
できることは、その変化が良いものであると祈るだけ。
願うだけ。


と思いきや。
人は、解釈することができる。
既に起こってしまった変化を、「あれは良いものだったんだ」と解釈することができる。
変わってしまった、という事実は変わらない。
だけれど、後から、価値を付加することができる。


価値は備わっているものではない。
価値はそれぞれの人が付加するもの。
変化の価値。
付加した価値も、やっぱり変わっていく。
価値の変化。


起こってしまった変化が良いものなのかどうか。
それもやっぱり、それぞれの人が付加するしかない。
後付でいい。
後付にしかならない。


不安になる。
前進しているのかどうか。
前進しているとして、それは適当なスピードなのか。
遅すぎるということはないのか。
周りに置いていかれてはいないだろうか。


誰しも、何に臨むにしても一度は抱くだろう不安。
うまくできているだろうか。
自分じゃない誰かなら、もっとうまくやるのじゃないだろうか。
そうかもしれない。
そうじゃないかもしれない。
うまく、なんていくらうまくやっても更にうまくがあるのだ。


そんな思いは抱かないというあなた。
それはとても素晴らしい!
そしてあなたに用はない。


そもそも周りに置いていかれてはいけないのだろうか?
周りが速すぎるということは?
そもそも置いていかれる、だなんてあるのか。
必要以上に自分を追い込んでいないだろうか?
自然な実力を発揮できないくらいに、自分を崖っぷちに置いてはいないだろうか?


背景は常に進んでいる。
強制横スクロールゲームのように。
赤の女王のレース。
ただ、そこにいるだけでは、確かに置いていかれる。
自分が努力を怠っている間、誰かは努力しているのだ。
でも置いていかれたからって絶滅するわけじゃない。
一番まずいのは、絶滅ではなく絶望。
置いていかれるという不安を抱いたときに、取り戻そうとする希望を諦めてしまうこと。
追いつく必要はない。
意識高い系である必要はない。
それなり、でいい。
それなり、がいい。
自分のカバーできる範囲でいい。
楽すぎてもいけないし、背伸びしすぎてもいけない。



という戯言。



それでは、また。
 | HOME |